コンセプト|世田谷区上北沢の歯医者いいじま歯科はお子様からお年寄りの方まで歯の健康を守ります

いいじま歯科医院

0353161550

コンセプト


3つのお約束

①地域のホームドクターとしてお口から全身の健康をお守りします

「お口の健康を守ることで全身の健康を守る」それが「いいじま歯科」の考える予防歯科です。お口の中が汚れていたり、咬み合わせが悪かったりすると、問題はお口だけに限りません。細菌が身体を巡ったり、肩こりや腰痛になったりと全身の不調へと直結します。だからこそ、歯に何か起きてからではなく、何も起きてない最初の段階から歯医者さんでチェックしていく予防習慣を身につけることが大切です。

当院は、平日21時まで診療しており、上北沢駅から徒歩1分の駅近です。日中働いている方や忙しい主婦の方でも、それぞれのライフスタイルに応じてお越しいただけます。是非美容室に行くような感覚でお気軽にお越しください。

②なるべく削らない歯医者さんを目指します

昔はむし歯になると、すぐに削るのが当たり前でした。そのため、歯医者=削るという良くないイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?当院では、歯をなるべく削りません。まず、最新のレーザー式歯面状態認識装置を用い、削る必要がある虫歯なのかどうかをしっかり検査。多くの歯医者さんは見た目や感覚で削っているというところも、いいじま歯科医院では正確に数値で判断していきます。
正確な診断ができることになったことで、以前は削る必要があった虫歯でも、全く削らずに治療することが可能となりました。もし削ることになっても歯科用ルーペを用いて本当に最小限のみです。

当たり前のことですが、歯は一度削ると二度と元に戻りません。そして、歯への治療は行えば行うほどダメージが蓄積してしまうのです。それを防ぐには、定期健診が一番大事です。定期的に歯をチェックすることで、問題が起こる前に即対応できます。どんなに医療技術が進んでも、天然の歯に勝るものはありません。いつまでも患者さんが健康で美味しくご飯が食べられるよう当院は精一杯サポートいたします!

レーザー式歯面状態認識装置について

③歯医者さんに慣れてもらえるよう、お子さんのやる気を引き出します

むし歯のない健康な歯を保つためには、定期的に歯医者さんへ通うことは欠かせません。しかし、ひとつ問題があります。それは、歯科医院に行くことはほとんどの方にとって気が重いということです。その理由は、子供の頃から歯医者さん=嫌いというマイナスのイメージを抱えてしまったことにあります。

当院では、お子さんが歯医者さんを嫌いにならない方針を大切にしています。無理に治療をすることは絶対にしません。少しずつ、少しずつ段階的に治療を行い、お子さんの頑張る力を引き出します。

そして、もし麻酔をすることになっても「笑気麻酔」という痛くない麻酔を導入しております。すぐ麻酔効果が消える非常に安全性の高い麻酔でありながら、注射での痛みは最小限。治療時間も短縮できるので、お子さんの不安も最小限に抑えられます。また頑張ったお子さんへはガチャガチャをプレゼント。ほかにもワクワクする絵本などをいっぱい用意して、診療までの待ち時間を楽しく過ごす工夫をしています。

お子様のための取り組み

ごあいさつ

院長挨拶

皆さまこんにちは。いいじま歯科医院院長、飯嶌大典です。数ある歯科医院から、当院のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

当院は、最先端の治療が受けられる環境と気軽にお越し頂ける親しみやすさを兼ね備えた歯科医院を目指しています。

環境の充実

開業した当初は、今よりも設備が整っておらず、またドクターも私1人だったため、より高度な治療が必要な方やそういった治療を希望している方には、遠くの大学病院などを紹介していました。でもそれって、本当に「ホームドクター」としての役割を果たしているのか、自分の中ではずっと疑問でした。

責任を果たせていない、という思いはもちろんですが、患者さまにとってもすごく不便だと思うんです。わざわざ自宅の近くにある歯医者を選んでいるのに、結局遠くまで行かないと治療ができない―――何より、医院が遠いと、定期的に通うのが難しいんですね。時間もお金もかかりますし。

幸いなことに、多くの患者さまにお越し頂けるようになり、経済的な余裕も出てきた頃に思い切って、大学病院でしか見ることのない最先端の治療機器を次々に導入しました。
しかし、いくら設備面を充実させたとしても、ドクターが私1人では、本当の意味での充実した治療にはなりません。予約がとれない、患者さまをお待たせしてしまう、私の知識や技術が足らず結局別の専門医の元へ通って頂く、など、問題は山積みです。

私も一通りの技術は身に付けていますが、インプラントや矯正歯科などは、症例によっては高度な技術を必要とするため、より専門的に学ばれているドクターがたくさんいます。そういった方に治療してもらう方がより良い結果を得られますし、治療の選択肢も広がります。

また、お待たせしてしまったり、そもそも予約がとれない、という問題も、私1人では解決できません。
だからこそ、スタッフの充実にも力を入れました。今では常勤ドクター2名、衛生士5名、助手20名、口腔外科医2名、矯正認定医2名、歯科麻酔認定医1名で皆さまの治療にあたっています。

地域のホームドクターとして

最先端の治療が受けられるよう取り組む一方で、「あの歯医者はちょっと敷居が高いな……」と感じさせないよう、親しみやすさを心掛けました。モットーは、「自分も楽しんで通える歯医者」であること。診療室に雑誌や絵本が置いてあるのもそのためです。
待合室などのスペースには可愛いインテリアや、ちょっと目を凝らさないとわからないようにイラストやシールが貼ってあったりするので、いろいろと探してみてください。たくさんありすぎて、スタッフも全部把握し切れていないくらいなんですよ。

また、世田谷区の歯科医師会に参加して、世田谷区で行われる様々な健診に参加しています。健診には、普段は歯医者へ行かないという方が多くいらっしゃるので、そういった方に定期的な口腔ケアの重要性を伝えています。少しずつですが、昔よりはかなり改善されてきたと感じます。

2013年4月からは訪問診療にも本格的に取り組んでいます。訪問という性質上できることも限られてしまいますが、今まで歯医者に通いたくても通えなかった、という方が喜ばれる様子を見ていると、訪問診療を始めて本当に良かったと実感します。

今後の展望

今後は、できるだけ治療目的の患者さまを減らしていきたいな、という思いがあります。歯医者として、それはどうなんだと突っ込まれそうですが(笑)

「痛みを感じたから」ではなく、「痛みを感じる前」にお越し頂きたいんです。いわゆる「予防」ですね。今はまだ、治療目的の患者さまが圧倒的に多いんですが、そういった方が当院で「予防」の大切さを実感し、ご家族の方やお知り合いの方に伝えていくことによって、徐々に地域の方の、お口に対する健康意識が高まると思っています。

よく「この地域はデンタルIQが低い」と嘆いていらっしゃる歯科医もいますが、それは歯科医の努力が足りないからではないでしょうか。「予防」の大切さや方法なんて、普通の方は知りません。私たちだって、大学で勉強するまでは知らなかったはずですから。だから、私たち歯科医が、率先して皆さまに伝えていく必要があります。

歯の痛みを感じた方はもちろん、今はまだ大丈夫と思っていらっしゃる方も、ぜひ気軽にお越しください。いいじま歯科医院は、皆さまのお力になれるよう全力で治療に取り組みます。

いいじま歯科医院 院長
飯嶌大典

ページトップへ戻る