治療機器紹介|世田谷区上北沢の歯医者いいじま歯科はお子様からお年寄りの方まで歯の健康を守ります

いいじま歯科医院

0353161550

治療機器紹介

治療機器紹介

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、歯を拡大してみることのできる実体顕微鏡のことです。
マイクロスコープを使用することで、肉眼では見ることのできない歯の細かい凹凸や、隠れた根管、補綴物のフィット状態など様々なことが分かるので、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことができます。

また、マイクロスコープで見た映像をモニターに写して患者さまに見てもらうこともできるので、患者さまへの説明や解説にも大きな威力を発揮します。
歯を拡大して見るだけなら、頭に装着するタイプの拡大鏡(ルーペ)というものもありますが、患者さまに見せることができるという点と、より明るくはっきりと見えるという点で当院ではマイクロスコープを使用しております。

CTスキャン

CTスキャンの導入

一般的には、レントゲンや口腔内の状態を診て治療内容を決めている歯科治療ですが、歯科用CTによる「精密検査」を行うことによって、より安全に確実で最適な治療計画が立てられ、歯科医師はもちろん患者さまからも注目されています。

CT検査のメリット

歯科医療での「CT検査」を受診された経験がある方はとても少なく、今まで知らなかったという人が多いのではないでしょうか。
その理由としては、「歯科用CT」が大学病院や検査センターなどの特別な医療検査機関にしかなく、検査費用もかかるために特殊な症例を除いては積極的に歯科医師が勧めていないということが考えられます。

一般的な歯科診療ではレントゲンが使用されていますが、「歯科用CT」による精密検査によって治療内容がどう変わってくるのか、また、高度先端歯科医療とはどういうものなのか。

例えば、歯周病が進行して抜歯するかどうかの判断は、通常使用しているレントゲン像と歯周ポケットを測定した数値を基準としていますが、CT検査を行うことでより精密に診査・診断することが可能になり、立体像などをお見せすることで患者さまにも理解しやすくなっています。

インプラント治療への応用

インプラント治療におけるCT検査のメリットはとても大きく、通常のレントゲンでは正確に確認できない神経管の位置やインプラント埋入部位の骨の状態が正確に解ります。
その結果、骨移植や骨造成が必要と思われた症例でも十分な骨量が確認できて約6カ月間の治療期間短縮と手術の負担を軽減できたり、歯肉を切開することなくインプラント治療を行って手術後の腫れや痛みを無くしたり、といった患者さまのあらゆる負担を軽減するための高度先端歯科医療が可能です。

より安全・確実に、そして治療期間や手術時間の短縮、治療費の軽減などはすべての患者さんが望むことであり、高度先端歯科医療を可能にするCT検査は今後、日本中に広まっていくことが予想されます。
実際のCT検査は、撮影時間は数秒間程度と手軽に行えますので、インプラント治療や他の歯科治療をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

CT撮影依頼書はコチラ

詳しくは、
Health Promotion  Oral.I
東京都世田谷区上北沢4-14-10
03-3304-1114

セレック

セレックとは、コンピューターを使って歯の修復物(詰め物、かぶせもの)を製作するシステムのことです。最新の3D光学を使用して患部を撮影し、モニターに3Dグラフィックとして再現。このデータをもとに、コンピューターが修復物を製作します。

元々は医療先進国ドイツで開発されたシステムですが、その画期的なアイデアと精度の高さから、今では世界1,000万以上の症例実績があります。
素材は全てセラミックを使用するため耐久性にも優れています。また、全ての工程を機械で行うため、通常の治療よりも経済的である他、製作にかかる時間は約1時間と、とってもスピーディ。準備や調整を含めても、その日のうちには新しい歯に生まれ変わります。

健康面はもちろん、審美面においても非常に優れた技術です。興味がある方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

レーザー治療

いいじま歯科医院のレーザー治療

当院には炭酸レーザー、YAGレーザーの2種類の歯科用レーザーがあり、レーザーの特性、性能を患者様の症状により使い分けております。歯科用レーザーは痛みの緩和と治療時間の短縮、治癒促進などに効果的です。

YAGレーザー

歯を削ることが認可されたレーザーです。水を併用することで痛みの発生が最も少ないレーザーとされています。
生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないので、表面が黒く焦げるなどの痛みがほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。

Vario Surg3

基本的にインプラント治療に使用しております。抜歯や骨を切る治療に効果を発揮します。

レーザー式歯面状態認識装置

歯を削らないために

レーザー式歯面状態認識装置とは、初期むし歯の状態なのか、治療が必要な状態なのかを診断するためや、隠れた歯質変化を突き止めることのできる機械です。

従来は、ただう蝕しているというだけで削られてきたむし歯治療ですが、技術の進歩により進行具合によっては全く削らずに治療することが可能です。それをより正確に判断するための機械です。

麻酔

笑気麻酔

笑気麻酔とは、吸入用のマスクを装着し、笑気(亜酸化窒素)を吸入することによって、恐怖心や痛みを軽減させる方法です。笑気麻酔は主に高血圧でストレスをかけたくない方や、歯科恐怖症の人にも有効です。

電動麻酔

麻酔針を打つ時に出来るだけ痛みがなくなるよう、電動麻酔を取り入れております。通常、一定の速度で麻酔液を注入すれば痛みを軽減できます。手動だと「一定の速度での注入」が非常に難しいため、電動式の麻酔器を使用しています。

その他の治療機器

精密印象自動練和機

歯型をとる時、より精密な型をとるための機械です。

双眼ルーペ

双眼ルーペは、手元がよく見えるように使用します。繊細な歯科治療にはかかせないもので、マイクロスコープとの併用により的確な治療を行っていきます。

歯科衛生士用の双眼ルーペもあり、治療だけではなく、口腔内のケアや清掃の時にもルーペを使用します。

口腔内撮影用カメラ

レントゲンとは別に、口腔内の状態を撮影するために高性能なカメラを用意しております。これにより、高倍率、高精細な写真を撮ることができ、肉眼では確認できないようなむし歯や異常を発見できるようにしています。

ページトップへ戻る