歯を失ったときの治療|世田谷区上北沢の歯医者いいじま歯科はお子様からお年寄りの方まで歯の健康を守ります

いいじま歯科医院

0353161550

歯を失ったときの治療

最適な治療法で、元の生活を取り戻すお手伝いを

もし何らかの原因で歯を失ってしまった場合は、今までは入れ歯や義歯が主流でした。しかし、今では新しい治療や技術なども開発され義歯やブリッジ、インプラントなどいくつかの選択肢があります。それぞれの方法にはメリットもあればデメリットもあります。治療の際は、何が患者さんにとって一番大事なのか確認しながらご案内をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療

もし何らかの原因で歯を失ってしまった場合は、治療法として義歯やブリッジなどいくつかの選択肢があります。そのうちのひとつがインプラントです。人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を被せていく方法です。

当院ではインプラント治療に、最先端のCTを活用しています。平面ではなく、3次元でレントゲン撮影できるため、歯の形や生え方など複雑な部分まで詳細に見ることが可能です。

また、ノーベルガイドシステムを導入したことで、事前に治療のシミュレーションを行うことが出来るようになりました。骨の軟度は場所によって様々です。少しずれただけでも、まったく違った場所にインプラントを埋め込むことになってしまいます。ノーベルガイドシステムを用いれば、計画した通りの位置にインプラントを埋め込むことができ、術後の経過も良好。患者さんにとって負担なく計画的に治療できるので安心です。

フラップレス術式
ソケットリフト法

上顎の臼歯部において骨量が不足しているケースに応用します。
例えば、骨の高さが約3mmしかない場合インプラント治療は不可能です。通常であればインプラント治療を諦めるか、骨造成手術を行って約6カ月後に再度インプラント手術を受けていただきます。

ソケットリフト法によるインプラント手術であれば、上顎洞の骨壁を押し上げてスペースを確保し、そのままインプラントを埋入して手術は完了します。
結果的に、骨造成手術と6カ月間の治癒期間が必要なくなります。

義歯・入れ歯での治療

義歯・入れ歯治療を行う際には、制作過程のサンプルや実際のサンプルにてご説明させていただきます。個人の状態に合うように、より精密に制作しております。
保険と自費にかかわらず、噛んだ時の違和感や痛みなどは医師の経験や技術によりかなり違ってきます。分からないことがあれば、院長やスタッフにお気軽にお申し付けください。

保険の場合は既製品の服を買うのと同じで、義歯・入れ歯の不具合をある程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。自費の場合は歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。患者様と歯科医が協力してより良い義歯・入れ 歯を作れます。

保険の義歯と自費の義歯との違い

1. 総義歯の場合

保険の義歯はプラスチックで、自費の義歯は金属床です。
プラスチックは割れやすいので、ある程度の厚みを持たせて作っていますが、金属床は薄く作れるので異物感が少なく快適です。金属はチタンが軽いとされています。

2. 部分義歯の場合

保険の義歯は、使用できる部品が決まっています。自費の義歯は、設計が自由ですので審美性を意識した義歯が可能です。

3. 噛みぐあい

保険と自費にかかわらず、噛んだ時の違和感や痛みなどは医師の経験や技術によりかなり違ってきます。
保険の場合は既製品の服を買うのと同じで、入れ歯の不具合をある程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。自費の場合は歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。患者様と歯科医が協力してより良い入れ 歯を作れます。

入れ歯の種類

マグフィット(磁石式入れ歯)

磁石式入れ歯とは、磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着する入れ歯です。歯根に「磁性金属」を取付け、入れ歯に「超小型磁石」を埋め込みます。

むし歯やグラグラし始めた歯根を活用して、よく噛める入れ歯ができます。 歯の無い方は、インプラント(人工歯根)と組み合せてご利用ください。

ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(残っている歯に引っ掛ける装置)を使っていないので、審美性に富んでいます。
義歯床の厚さを薄く出来るので違和感が少なく、金属アレルギーの方にも最適です。

スーパーナチュラルデンチャー

ナチュラルデンチャーを元にして、内側にコバルトクロム合金を使用し強度を増したのがスーパーナチュラルデンチャーです。金属色は正面から見えないのでご安心ください。

スーパーナチュラルデンチャーは、床のたわみや沈下を防ぐので噛み心地がよいことや、非常に薄く、強く、最小限の面積で設計されているため、お口の中で違和感が少なく、なめらかな付け心地があることなどが特徴で、見た目の自然さと噛み心地を兼ね備えた入れ歯になります。

チタン床

チタンとは、ロケットや航空機などのハイテク分野から眼鏡のフレームやスポーツ用品など活用されている、近年話題の最先端金属です。一般的に入れ歯に用いられる金合金の約1/4の重さでとても軽いです。

安定した皮膜に包まれており、金属の消耗や溶け出すことが無いのでアレルギー等が発生しません。また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、味覚の違和感が無くお食事を楽しむことが出来ます。

ゴールド床

ゴールドは腐食による変色が起こらず、溶け出しにくいため金属アレルギーも起こりにくく、体に優しいという特徴があります。また、精密な加工が行いやすい金属でもあります。

コバルト床

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。厚みがレジン床の約1/5と薄く、口の中に入れたときの違和感が少なく、食事の際も熱がよく伝わります。丈夫で、永く快適にご使用いただけます。

入れ歯・義歯のメンテナンス

当院には、入れ歯・義歯専用のクリーニング機械がございます。

清潔さを保つことが、長持ちさせる秘訣です。1回1,050円(上下どちらかのみの場合は525円)でクリーニングが可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る